ソフトボールをやっていて肉離れ

このエントリーをはてなブックマークに追加

40代 男性 会社員

月に2回ほど、草野球の試合がある。

学生のころ、野球肘、野球肩を発症。野球肘、野球肩は完治。

先月、ソフトボールの試合中(打撃中)に右足裏にピキッとした痛みが走る。

それ以前にも同様の痛みはたまにあったが、数日過ごせば消えていたが、今回は違う。

2,3日経っても痛みは変わらず、インターネットで検索し来院に至る。

現在の症状。

太ももに力が加わったときに痛みがでる。投球動作時、踏み込みの動作など。

カラダの歪みをチェックすると背骨がひどく歪んでいる。パッと見ても歪んでいるのが分かる。

ここのことろ、朝起きたときに疲労が抜けないことが多くなってきたそうだ。

カラダが歪んでいると睡眠の質も落ちて、疲労も抜けなくなってしまう。

カラダ全体を整えてから太ももへ。

太ももはいくつか張りがあり、臀部の張りも強くでている。

一つずつ張りをとっていくと可動も広がってきた。

しばらくして、立って動かしてもらう。

「痛みはないですね!!張りが残る程度です」

立った状態、張りの出る姿勢で施術を続けると張りも徐々に取れてくる。

来週まで草野球もないということで、日常生活で支障のでない範囲で張りを残して終了した。

「軽くなりました。痛みはもうないです。良かった。」

残った張りは動いているうちに取れてくる程度。

施術後、話を聞くと五年ほど前に西日暮里の総本部施術院で山田師匠の施術を受けていたそうだ。

半月板損傷で手術を勧められ、インターネットで検索して行ったそうだ。

西日暮里の施術院は高台にあり、駅からだと急な坂道を上らなくてはならない。膝が痛い方にとっては少し厳しい立地にあった。

案の定、行くときはひーひー言いながら来院したそう。

ただ帰りはスキップして帰りました。とおっしゃっていた。そのときに野球肘、野球肩もなおしてもらい、それ以来は肘、肩、膝ともに痛みなく過ごせているのだとか。

ここにくれば大丈夫。と安心して紹介してもらえる施術院を目指したい。

なかむら自然形体院
住所:東京都板橋区蓮根3-2-14城戸ビル1A
問合せ先:03-5939-8675

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です