一般医療の実情

このエントリーをはてなブックマークに追加

病院や整骨院では、初期の処置としてはまずアイシング、固定です。
1週間位アイシングする事が多いかと思われます。

それ以降は電気療法、温熱療法、マッサージ、超音波療法が一般的で、包帯固定やテーピング固定も併用します。

超音波療法が効果を高めるとされていますが、深部の血行を促す程度ですので、筋繊維の裂け目を綴じる手法には遠く及ばない効果です。