右足腓腹筋の肉離れ

このエントリーをはてなブックマークに追加

17歳  高校生  アメリカンフットボール
アメリカンフットボール部のキャプテン。 次週は甲子園ボウルという事で連日の猛練習中 右足腓腹筋の肉離れ。
練習グランド近くの整形外科で装具で 固定され松葉杖をついて来院。 なれない松葉杖で顔をしかめて治療用ベットへ。
この家庭はおばあちゃん初めご両親も 自然形体療法の絶大な信奉者。(ありがたい事です)
すぐに装具を外し、自然形体療法の手法を選びながら施術。 腫れも3分の1くらいまで縮小。 痛みは残るが、装具も松葉杖も要らない程になっている。
こうした場合その場で痛みが完全に取れなくても 翌朝にはすっかり取れることが多い。 自信・確信を持って施術を終わりました。
翌朝、早速おばあちゃんからの電話。声を弾ませ丁重なお礼の言葉。 「今日はいつも通り自転車で学校に行きました!」との事。
肉離れがこんなに簡単に良くなるのは、肉離れの 原因と臨床手法が確立されているからです。

関西予防医術研究所

京都府京都市下京区南不動堂町805

アパガーデンコート京都駅前1001

電話 075-352-6021

滋賀県長浜市朝日町38-10

電話0749-65-3837

中村美由紀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です