太もも前側の肉離れ

このエントリーをはてなブックマークに追加

30代 女性 会社員
 

週2回バレー、週1回サッカーを行っている。

1週間前、サッカーの練習中(日中)に左太もも前側に若干の痛みを感じる。

同日夜、バレーの練習もあり、練習時にジャンプするのが痛くて出来ず、歩くのもびっこを引いてしまうほどに。

病院で、湿布、痛み止めを処方。痛み止めに関しては、飲んでもほとんど変化がない。

数日安静にし、バレーの練習を行うが、やはり痛くて出来ない。

翌日、試合があるので、なんとかしたいの一心でネットで検索し、来院に至る。

おそるおそる歩くのは問題ないが、少し踏み込むと痛い。

階段も上り下りはできなくはないが、駆け足だと痛い。

走るのは痛い、ジャンプも厳しい、押しての痛みもある。

一般的に、肉離れは筋細胞、ならびに筋膜が断裂(部分断裂)している事が原因と考えられている。

当院では、筋細胞、ならびに筋膜の断裂とは違った原因だと考えている。

そう考えると、原因部分の程度にもよるが痛みはその場で取れるはずだ。

さっそく施術開始。

カラダ全体の歪みを取り除き、肉離れの施術に入る。

痛みがあるのは、左太もも前面の真ん中辺り。

太く筋ばったように張っている。

二次的な症状として、臀部、太もも裏側、ふくらはぎと張っている箇所が触って感じ取れる。

まずはこの部分から取り除く。

続けて、大腿前面の太く筋張った張りを取り除いていく。

押しての痛みもあるため、そこに注意しながら施術を進める。

ある程度、筋張った張りが取れてきたので、立って動いてもらう。

歩く、段差上下、踏み込むように膝を曲げる動作。

「楽です!」

「まだ芯が残ってる感じ。」

10センチ幅ほどの、芯が深部に残っている感じがする。

ここまで取れていれば、動いているうちに問題なくなるとは思ったが、翌日バレーの試合が控えているので、もう少し取り除く事に。

再度、残っている深部の張りを取り除いて、動いてもらう。

「さらに芯の幅が狭くなりました。」

踏み込み動作までは問題なさそうなので、ジャンプしてもらう。

「大丈夫です!」

中腰の姿勢で若干の芯が残っているが、動いているうちに問題なくなるだろう。

初回施術から1週間後、2回目の来院。

前回翌日にバレーの試合。4試合出場。

1,2試合目は特に問題なし。3試合目辺りから違和感、若干の痛みが出るが、動けないほどではない。

試合後も、特に腫れたりはせず。

翌日、筋張ったものが若干太くなってる状態だが、日常生活は問題なし。

施術開始。

歩くのは問題なし。階段も痛くない。走るのは痛い。

強く踏み込んだり、力がかかったときに痛みを感じる。

まだ試合で動き回った疲労が抜け切れていない様子。

今回は疲労を取り除く事に重点を置きながら、個々の張りを取り除く。

前回よりもカラダの反応も良く、時間がかからずに張りが取れてくる。

うつ伏せ、仰向けと施術を進め、寝ている状態での可動は問題無くなった。

実際に立って動いてもらう。

「軽くなりました、筋張ったものがなくなった。」

前回残っていた筋張ったものが、今回はスッキリと取れた様子。

セルフケアの方法を伝えて終了。

実は施術後にサッカーの練習があるそうだ。

施術後は全体の緊張が取れている事もありまた疲れが出てくる面もあるため、
しっかりウォームアップをしてから練習に出るように伝え、終了。

なかむら自然形体院
住所:東京都板橋区蓮根3-2-14城戸ビル1A
問合せ先:03-5939-8675

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です