左大腿裏の肉離れ、ラグビー部

このエントリーをはてなブックマークに追加

15歳 男子 ラグビー部

3週間ほど前、左大腿裏を肉離れ。2週間安静に過ごす。

1週間前から練習再開。痛みはともなうが、大会も近いため休みもとれず我慢しておこなっている。

紹介を受けて来院。

現在は軽く走っただけで痛みがある。

左大腿裏が全体的に張っている。

痛みを感じる部分には数か所塊りのような張りがある。

触れるだけで痛いので、触っても痛くない所から張りを解消していく。

少ししたら痛みの中心部分を触れても痛みがなくなったので、数か所の塊りを1つずつ解消していく。

30分ほどして歩行に問題がなくなったので外を走ってもらうことに。

「軽いジョグは痛くないです」

「徐々に力を入れて走ってみて」

「7割ほどの力を入れて走ると膝裏に痛みがでます」

いままで痛かった場所ではなく膝裏に痛みがでてきた。

これは痛みを我慢して練習を続けたために起こる二次的な症状だろう。

大腿裏、側面、膝裏の張りを十分にとっていく。

細かい張りも取れてきたのでもう1度外を走ってもらう。徐々にペースをあげてダッシュ。

「痛みがなくなりました。8,9割ほどのダッシュも大丈夫。ほぼ全力ですけど痛くないっす」

少し怖さが残るが8,9割のダッシュを数本させても痛みがでなかったので、ストレッチを教えて終了。

練習前はカラダを動かしストレッチをおこなうが、練習後はなかなかストレッチに時間をかけていないとのこと。

特に練習後のストレッチを入念におこなうように指導して終了した。

後日、休みを利用して練習を見に行く。

多少痛みがでてきたと言っていたのでアップ中に施術。

痛みはすぐに取れ、練習中も痛みがでなかった。これで大会には間に合いそうだ。

スポーツをやっている方、練習後のストレッチは入念におこないましょう。

筋肉は使うと疲労します。そのまま放置してしまうと傷ついたままの状態となっています。カラダに負担がかかり諸症状がでてきます。またどんどん固くなり、パフォーマンスも落ちてしまいます。

練習後、最低15分~30分はストレッチの時間をとり、その日の疲労をその日のうちに解消しておきましょう。

なかむら自然形体院
住所:東京都板橋区蓮根3-2-14城戸ビル1A
問合せ先:03-5939-8675

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です