肉離れのサッカー少年、痛くて走れない?

このエントリーをはてなブックマークに追加

12歳 男子 サッカー少年

昨年の夏、両足の足底筋膜炎、踵骨骨端炎で来院。

初回で右足くるぶし周辺の痛み消失。

左足くるぶし周辺も施術後、2,3日で痛み消失。

以来、カカトの痛み、足首周辺、アキレス腱の痛みで来院されたが、それぞれ1回の施術で痛み消失。

定期的にメンテナンスを受けている。

今回は5日前くらいからある太もも裏の痛み。

・肉離れのような痛み
・太もも裏を伸ばすと痛い
・歩行での痛みは引いたが走ると痛い
・ジャンプは問題なし
・押しての痛みがある

歩行での痛みは消えていたが、その分太もも裏全体の張りが強くでていた。

カラダ全体を整えてから太もも裏の張りを取り除いていく。

次第に押しての痛みが薄くなってくる。

さっきまで痛かったところを押しても問題なくなった。

押しての痛みが消えると、伸ばしての痛みも消失。

試しに外を走ってもらうことに。

「痛くないです」

初めは軽めに。徐々に力を入れて短距離ダッシュ。

「大丈夫」

全力ではないが、ある程度までのダッシュは可能に。ここまでくれば問題ないだろう。

店に戻り、立った状態で骨盤を整えて終了。

初回からふくらはぎの張りが強く、疲労の蓄積が目立っていた。

今回はふくらはぎの張りも消えて柔軟性がでてきた。

いままでほとんでしてなかった練習後のストレッチ、初回の施術以来、日頃から注意しておこなうようにはじめた成果が出ているようだ。

そのお陰が今回の太もも裏の張りもひどくならず、早期回復につながったといえる。

やはり日頃のセルフケア、ストレッチの重要性が改めて確認できた。

なかむら自然形体院
住所:東京都板橋区蓮根3-2-14城戸ビル1A
問合せ先:03-5939-8675

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です