試合中 正面衝突

このエントリーをはてなブックマークに追加
小6  女子   バスケット試合中に、正面衝突し、膝の内側を強打!その場に倒れ、即交代。
その後、歩いても走っても痛い。病院では、骨には異常なし。練習はしばらく休んだ方がよいでしょう、との話だった。

打撲から数日たち、少し楽にはなったものの、明日の試合に出たいから、と来院。(チームのコーチの紹介で)

膝のお皿の内側とその上約7センチぐらいが押すと痛い。
相手のどことぶつかったのか、覚えていないという。

話を聞いたら、アイシングして湿布してサポーターで固定したそうだ。
ああ・・・・・、全部回復を遅らせることばかり・・・・・・・

そんなことは何もせず、指撫法が1番いい。

施術では、指撫法など、自然形体療法の手法。
そして、押してみると、痛い範囲が狭くなっている。

一カ所は、強く押すと、まだ痛い。
浅い方の打撲は治っている。一部、深い方がまだだ。

もう一度、指撫法など。
深い方の打撲は、まだ完全ではないが、
歩いても、小走りでもジャンプしても、全く正常。

「ほんとに大丈夫なの?・・・・・・・・す・ご・い」
お母さんが驚いている。

思いっきり走ると少し痛いかもしれないけれど、
「あとは自然に治りますよ。明日の試合は出ても大丈夫。」

翌日、チームのコーチが娘さんのオスグッドの治療のため、来院。

「〇△さんが、打撲できましたけど、試合は大丈夫でしたか?」

「走るとまだ少し痛いようだったけど、にこにこして試合に出ていましたよ!」

そうか、よかった!

自然体健康法(自然形体療法)では、打撲も速く回復します!
打ぼくしたら、冷やさず、指撫法をやりましょう。ちょっとさわっても痛いときは、まわりの痛く
ないところから指撫法をやりましょう。

2011年 9月の症例です。

コスモス自然形体院  小松 尚子
秋田県湯沢市関口字関口15-2

090-5596-4792

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です